さあ乗ろう! Let's Ride !

bottom

絶叫マシンの花形、ローラーコースター。 日本では「ジェットコースター」の呼び名で親しまれており、規模の大小を問わなければ、全国の遊園地に設置されています。 英語では「Roller Coaster」。 「ジェットコースター」はもともと機種名(ジェット機に由来)で、そのまま定着したそうです(詳細はサイト「絶叫Review」に掲載されていました)。 ローラーコースターはアメリカ生まれ。採掘・工事現場のトロッコに乗って坂を下る楽しみが、やがて遊具に転じ、現在に至っています。

ローラーコースターは各種条件により、同一マシンであっても、印象が大きく変わると言われています。 主な条件は、以下に集約されると思います。

  1. 乗車位置
  2. 空席状況
  3. 気象条件

1) 乗車位置
怖いのは一番前か、一番後ろか?
コースターファンの間でも議論になることが多いです。 実際、特にライド編成が長い場合は、乗車位置に応じて乗り味が大きく異なります。 大まかな特徴を、最前列、2〜3列目付近、中央付近、最後列付近にて比較してみます。 機種別のトピックがあれば、併せて掲載します。

乗車位置
最前列 特長)
完璧な視界と風圧を一人占めできる特等席。 登り坂に入る瞬間(ループ突入時を含む)に、大きなプラスGが掛かる。 坂を登り切った瞬間に、強い浮きを感じることがある。

弱点)
ドロップへの突入は緩やか。 ドロップしようにも、後続車両(坂を登りきっていない)に引っ張られ、ブレーキが掛かっているようなもの。 落ち始めから加速が始まるまで時間差があり、「なかなか落ちていかない」感じである。 景色を楽しめる時間が長いとの見方もできる。

機種別トピック)
インバーテッドコースターでは空中飛行を体感でき、感動的。 ドドンパやシャトルループのような射出型マシンでも、猛ダッシュをダイレクトに体感できる。 サンダードルフィンやカワセミなどインタミン製コースターは、巻き上げ速度が高く、そのままドロップに入る(初速が高い)ので、比較的スリルあり。 またビッグバーンコースターは緩斜面で加速後ドロップするので、同様にスリルがある。 逆に、スチールドラゴン2000は、巻き上げ開放時に減速するので、ドロップが遅れ気味。 しかし大きな落差があるので、不満は解消される(FUJIYAMAでは若干の不満が残る)。 小規模コースターでは、坂を下りきった後で加速するという、間抜けな状態になることもある(浦安鼠陸・大雷山の3度目の巻上げなど)。 メガコースター四次元は、ハートラインロール突入時に浮遊感あり、気持ちよい。 シャトルループやリニアゲイルのような往復型コースターでは、 前方への登りにて、最高高度を楽しめる。

2〜3列目付近 特性)
前が見えすぎず、ドロップも遅いので、初心者向き。 コースターマニアには物足りない。

機種別トピック)
低速ループマシンとして知られるトルネード(東京サマーランド)は、ループ頂上に達した時にブレーキが掛かり、絶妙なゼロGを味わえる。一瞬、ループの内側に落ちるような感覚になる。 サンダードルフィンやカワセミなどインタミン製コースターは、2列目の座席が高くなっているので視界が良く、初速も高いので、なかなかイケる。

中央付近 特性)
スピードの持続感あり、あまり減速しない。 バランスが良い(無難)というところ。

最後列付近 特長)
十分加速した後、ドロップ突入となり、強烈な引きずり込みや内臓浮上感を楽しめる。 「最後列は怖い」と言われるとおり、最もスリリングな特等席である。 ループ突入時などはプラスGが抑えられ、身体への負担が低い。

弱点)
登りはスピードが落ちて、もっさりした感じになる。

機種別トピック)
1stドロップは、コースターの個性が強く出るところ。 例えばFUJIYAMA、サンダードルフィン、スチールドラゴン2000、タイタンは、それぞれ全く異なる味わいなので、ぜひ堪能してほしい。 高度ではいちばん劣るタイタンが、意外に健闘しているので、驚きますよ。 メガコースター四次元は、後方は振動が強い上に、反転状態(頭が下)が長く続くので、身体への負担が大きい。 シャトルループやリニアゲイルのような往復型コースターでは、 後方への登りにて、最高高度を楽しめる。

以上のように乗車位置を変えることで、一つのコースターを何度も味わうことができますが、 パーク・マシンによっては残念ながら乗車位置を選ぶことができません。 コースターの設計仕様にも依存しているようです。 特にトーゴ製のマシンはその傾向が強く、空いてるときは前詰め乗車になってしまう。 前詰め乗車を指示されるマシンは、例えば以下のようになります。
FUJIYAMA、バンデット、ホワイトキャニオン、サーフコースター、ループスクリューコースター(西武園ゆうえんち)、カワセミなど

右側 / 左側の選択も重要です。 近年、急バンクカーブを描くマシンが増えており、このようなマシンでは、「右回りなら右側」「左回りなら左側」を選択します。 バンク時は空中飛行のような視界を楽しめます。 FUJIYAMAやサンダードルフィンならば、右側の席がお薦めです(FUJIYAMA左側の巻上げ展望も捨て難い)。 ええじゃないかも、左右で乗り味が異なるので、両方チェックしておきましょう。

2) 空席状況
一般に「ライドは満席の方が良い」とよく言われます。 確かに空席が多いとパワー不足を感じてしまう。 万有引力の法則では、スピードは変わらないはずなので、 ライド総質量による運動エネルギーの大小が影響すると思われます。 ホワイトキャニオン(よみうりランド)は、満席 or ガラガラで、天地の差が出てしまう。

待たずに乗れるほど空いているが、ライドもガラガラ。 スタッフに前詰め乗車を指示されると、乗り放題でもすぐに飽きてしまう。 もちろん、長時間待ちを強いられる混雑は願い下げ。 満員のライドに待たずに乗れる絶好条件は、なかなか難しい。

3) 気象条件
マシンの乗り味を左右するのは「気温」。 高温では高速、低温では低速、となります。 理由については諸説ありますが、構造物の膨張や、潤滑油の柔らかさなどに起因するらしい。 1日だけの滞在でも、朝一と夕方とで、かなり乗り味が異なることが分かります。 ルーピングスター(長島スパーランド)では、朝昼とで同じ乗り物とは思えないほどでした(冬季)。 FUJIYAMAではヒーターで車輪を暖めていることもあります。 結論として、夏の午後が好条件となりますが、暑さが苦手な筆者にとっては「シーズンオフ」だったりする。 ここは各自で検証してください。

気象条件については、気温以外に注意するべき点が多数あり、コーナー Let's Plan !(計画しよう!) で取り上げます。

以上の条件を考慮して、最高のコースター体験を楽しんでください。

GOOD LUCK !!

BACK | HEADER | NEXT

EXIT

Ads by Sitemix